杉並区が久我山東原公園を転用して認可保育所にする計画について開いた25日夜の説明会では、待機児童解消のため整備を進めたい区側と、子どもたちの遊び場や地域の交流拠点が奪われることへ反発する住民側の溝は埋まりませんでした。区は、住民合意がなくても8月1日に樹木の伐採など公園を更地にする工事を始め、9月には園舎建設に入る予定です。

 説明会には、保育事業者も出席し、園舎の設計図面や運営方針を説明しました。区は、公園代替地にする鉄道会社所有の空き地について、ボール遊び用のフェンスを設け、木陰の代わりになるような日よけを設置するなど「できる限り要望に応えたい」と話しました。

 しかし、代替地も一年後には使えなくなることから、住民から「公園の代わりにはならない」「地域の子どもは犠牲にしていいのか」などと批判が相次ぎました。

 22、23日には、ほかの計画地である向井公園、井草地域区民センター中庭についての説明会も開かれ、住民からは「公園をなくしたくない」と反対の声が多く出ました。出席した保育事業者は取材に対し「入所させたいという声も届いている。園庭開放など地域のニーズにも応え、理解を得たい」と話しました。